読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

あの頃の僕たちは足繁く通ったんだあのエロ神社に

あなたは道ばたにエロ本が落ちているというのを見たことがあるだろうか。
もしかしたら都会ではほぼ無いのかも知れない。
だが、福島ではあったのだ。

小学生のあの頃僕たちは帰り道でエロ本を見つけては
とある場所に隠していた。

そう。
タイトルにもあるように神社だ。

エロ本を見つけては縁の下に隠す。
縁の下の力持ちというのはエロからくるのではないのだろうかとあの頃は本当に思っていた。
そして皆でエロを共有しあう。
とても平和な日々であったのは間違いない。


f:id:maki-satoru:20170511235446p:plain


エロ本を見ながら悶々とし
「俺たちはいつ生で拝めるんだべか」
「お前の姉ちゃんもこんな感じ?」

などと馬鹿な話ばっかりしていたあの頃。

だが、ある時悲劇が起きた。

一夜にして我々が収集した秘蔵の本が消えたのだ。
拾ってきた本のほかにも勇気をだして買った
「ふたりエッチ」すらも消えていた。

僕たちは焦った。
青春という時間と引き替えに集めた本が消えたという事実。
探しても探してもどこにもない本。

「エロ本の山が○○の廃屋にあるよ」と聞けば
映画、スタンドバイミーのごとく炎天下の中歩いたあの青春の日々すら捨てられた気持ちなのだ。

そして僕たちはその一件以来エロ神社には誰も寄らなくなった。


今や道ばたに落ちていないエロ本
あの頃はエロ本を小学校の通学路に置いていく業者でもあるんじゃないかと思うくらいに道ばたには性が溢れていた。

いまやネットの時代。
もしかしたらエロ本が落ちていないのも
時代がエロ本という物を隅に追いやっているせいなのかも知れない。

検索バナーに「エロ 無料」と入れクリックするだけで女性のあられもない姿を簡単に見ることができるそんな時代。

いい時代なのか。悪い時代なのか。
僕にはわからないが紙媒体というのも大切にしていきたい。
僕はあの頃を思い出し、そう思ったのであった。


X VIDEOS