読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

おやじ、そしておふくろへ

父親「おやじ」

母親を「おふくろ」

 

いつか僕もこう呼ぶんだろうなと思い続けて早25年。

未だに「お父さん」「お母さん」や名前で呼ぶこともある25歳。

たまに「おやじ」「おふくろ」呼びの人がいるけれどもいつ変化したのだろう。

そんなことを思った事はあなたもないべか。

 

幼稚園児?

幼稚園児が「おふくろ、漏らしちまったからパンツ洗ってくれ」

なんて言うのだろうか。

 

小学生?

小学生が「おふくろ、運動会は僕の大好きなだし巻き卵沢山入れてね」

なんて言うのだろうか。

 

中学生?

中学生が「おやじ、キャッチボールしようぜ」

これはなんかわかる気がする。

 

高校生?

高校生が「おやじ、ちょっとお金貸してくれ」

台詞だけ聞いたらおやじ狩りだがこれも少しわかる。

 

はたしてどこからこの呼び名へと変化していくのか。

僕の考えだが、10代後半から20代前半がそれっぽい。

一人暮らしを始めて、久しぶりに実家に帰る。

そして第一声に「おふくろ、ただいま」

なんかしっくりくる。

そして、おふくろもおふくろで

「おかえりなさい(あらやだ、この子もしばらく見ない間に大人になっちゃって)」

なんて思うのだろう。

 

だが、やっぱり急に「おやじ」「おふくろ」呼びはこっぱずかしい。

そして、海援隊「今も、聞こえるあのおふくろの声~」で有名な

母に捧げるバラード

始まりのセリフは何故だか「お母さん、今ぼくは思っています・・・」

「お母さん」から始まっているのだ。

ということは「僕は死にましぇーん」でおなじみの武田氏は

「お母さん」「おふくろ」の両刀使い・・・

ではなく

僕が思うに直接話しかける時は「お母さん」

誰かに自分の母の事を話す時や思い出に耽る時に「おふくろ」

呼びをしているのでは無いかと勝手に解釈した。

 

だってやっぱり直接「おやじ」「おふくろ」恥ずかしいもんね鉄矢。

 

「おやじ」「おふくろ」

今度会ったら言ってみよう。

どんな顔をするんだべ。

どんな反応をするんだべ。

気になります。