読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

和服に心を寄せて

和服。

僕はここ1ヵ月の間、2割程度だが私服を着物にしている。

多分これから夏にかけて浴衣などの和服を着る機会も皆さんもあるだろう(陰キャは除く)

なので、ここ1ヵ月和服を着てきた僕が気付いたり、思ったことを淡々と書いていこうかなと思います。

※あくまで普段は和服を着ない和服初心者の目線なのでご理解ください。

 

和服トイレ問題

やはり普段和服を着ない僕にとって一番の厄介な事はトイレだった。

個室のトイレはまだ何とかなる!

だが、男子の小便器には手を焼いた。

ある時は引っかかりそうになったり、ある時は便器の中に着物が入ったりと大変だったのだ。

そして僕の物言わぬご子息が少しばかりか右に行きたがりなのでコントロールをしなければ危うく目の前に垂れた着物にかかる大惨事だっただろう。

 

注目を浴びる

やはり着物は物珍しいためジロジロと見られる。

その時はスターになった気分にでもなれば乗り切れそうな問題。

 

帯がひゅるりと

僕の着付けの問題のせいかたまに出先で角帯がほどけ僕のみっともない身体があらわになることが数回あった。

道端で着付けするにも気が引けるし、着付けを出来る場所を探すのが大変だったので和服を着るなら着付けはちゃんと出来たほうが吉。

 

鞄に悩む

僕は普段荷物が多く、大体はリュックを使うリュック系男子なのだが

和服にどの鞄を使えばいいか悩んだ。悩んだ。悩んだ。

だが、ネットを参考にし寅さんや金田一耕助が使っているようなトランクに落ち着いたので荷物が多い方はトランクがおススメだと僕は思う。

 

 

以上が僕が和服を着て思ったこと。

 

そして和服を着たからといってこの写真のように調子に乗った写真はやめておけ。

 

f:id:maki-satoru:20170420235939j:plain

 

僕みたいに肩を外すぞ。