読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

免許証の再発行で警察に激怒され諭された話

以前、免許証を紛失し再発行しに免許センターに行ったときの話。

 

すいません。再発行したいんですけど。

はい。あの・・・あなたいつもそんな格好してるの?

はい。そうですが。なにか?

明らかに付け髭にカツラだよね?

いいえ違います。

んじゃ、引っ張らせてよ。

無理です。

なんで無理なんですか?付け髭とカツラじゃないんですよね?

無理なものは無理なんです。

はぁ(ため息)あなたふざけてるの?

ふざけてないです。真面目です。

あのね?免許証ってのは身分を証明するものなの。変装で来られてもね再発行出来ないんだよね。

いや、いつもこれなんで。

嘘をつくんじゃない!

嘘じゃありません・・・

んじゃなんでそんな格好してるんだね?

実は私、歌舞伎町の2丁目で働いてて(嘘)

んじゃそれでお姉さん接客してるの?(ここからお姉さん呼びになる)

はい。顔に自信なくて・・・

お姉さん綺麗な顔してるんだからコメディ路線じゃなくて素で売りなよ。そっちの方が良いって。

はい・・・

あっちの世界(オカマ)にも色々事情があるとは思うんだけど素顔で勝負しなきゃ。

ありがとうございます。

でも、免許証は素顔で撮ってね。例外は認められないからさ。

はい。

 

ちなみにその時の顔がこちらだ。

 

f:id:maki-satoru:20170302235954j:plain

 

 

 ピンクのカツラに付け髭。

まるで不法入国をして捕まった派手なメキシコ人のような感じである。

 

結局これで免許証の再発行は出来ず普段の格好で再発行した。

 

なぜこんなことをしたのか。

若さゆえの過ちというものだろう。

皆さんはくれぐれも真似をしないでほしい。

 

以上