読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

学生の「お疲れ様~」って挨拶って違和感を感じるよね

お疲れ様の国日本。

斉藤和義さんが「お疲れ様」をテーマに歌ってる曲もあるよね。

おつかれさまの国

おつかれさまの国

 

でもこの「お疲れ様

僕は時たま思うんだ。

学生(特に大学生)の学生間での

「お疲れさま~

って挨拶とは何だろうって。

多分、大した意味合いは無いとは思うんだけども何故に

おはよう」や「バイバイ」じゃなく

お疲れ様~」なんだべか。

 

思い返せば確かに僕も専門学生時代に先輩や同級生に

お疲れ様~

って言っていた気がする。

しかも「お疲れ様」じゃなく「お疲れ様~」か「お疲れ~

何故伸ばすのか。

何に疲れているのか。

f:id:maki-satoru:20170223205542p:plain

確かに「お疲れ様」は年上年下に使いやすい挨拶だとは思う。

でも、どこか学生間の挨拶に「お疲れ様」っていうのは違和感を感じてならない。

 

小学生時代の帰りの会で言わされた

先生さようなら、皆さんさようなら

から

先生お疲れ様、皆さんお疲れ様

に変わる年代はいつからなのだろうか。

これを是非とも科学してほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.女の子は「お疲れ様」より「バイバイ」の方が可愛いから僕には「バイバイ」って言ってください。