読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

割り箸鉄砲VSハエ

春のせいか朝から部屋の中にハエが一匹飛んでいる。

ブンブンと音をたて飛行するたんぱく質の塊は僕を挑発してるように見えた。
殺虫剤でしとめてやりたいがそれじゃセンスが無い。
僕は悩んだ。
時計の秒針の音が静まり返った部屋に鳴り響く。
その時、ある映画が脳裏によぎった。

スターシップ・トゥルーパーズ

昆虫型宇宙生物と人間が武器を用いり戦う映画だ。

そうか、武器で戦えばいいのか

そう思い、割り箸鉄砲を作ることになったのだった。



100円ショップに駆け込み、買った材料がこちら
f:id:maki-satoru:20160423000437j:plain


そして武器を作るには設計図だ。そう思い急いで設計図を書く。
f:id:maki-satoru:20160423000550j:plain


まずは先端の部分から作り上げる。
f:id:maki-satoru:20160423000847j:plain


強度を上げるためには三つにしろと幼い頃に「三匹のこぶた」で学んだので三つをセメダインでくっつけた。
だが、その選択が過ちを犯すのであった。

f:id:maki-satoru:20160423001048j:plain

見ていただきたい。この三匹のこぶたのヒズメにも似た指を。
そう。くっついたのだ。
ハエをやるまえに自分が接着剤にやられたのだ。
情けない。
このままではいくら指があっても足りないのでセメダイン将軍には退いてもらって木工用ボンド大尉を投入。

そして引き続き作成に移る。

f:id:maki-satoru:20160423001551j:plain

f:id:maki-satoru:20160423001459j:plain

f:id:maki-satoru:20160423001622j:plain

だんだんと骨格が出来上がってきた。

そして取っ手を二つ。
f:id:maki-satoru:20160423001721j:plain

横にも一つ。
f:id:maki-satoru:20160423001749j:plain


ついに完成した。対ハエ用殺戮銃。
f:id:maki-satoru:20160423001835j:plain


だが完成した頃にはハエの姿は見えなく。耳を澄ませても羽音は消えていたのだった。
これでは、作った意味が。時間が。意味が無い。
そして何より


邪魔なのである

ということで次の刺客が現れるまでこいつには押入れで眠ってもらうことになったのである。
f:id:maki-satoru:20160423002243j:plain


また会う日まで。ハエ用殺戮銃。