読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキサトルの「ネタ頂戴」

無名の役者が自由気ままに書く。そんなブログ。

アーティスト名で物語

岡崎体育係な」

嘘つきバービーはそう岡崎君に言った。

 

嘘つきバービーとは彼「hideくん」のニックネームである。

hideというカッコいい名前ながらも5つ歳の離れた妹がイタズラでバービー人形を彼のランドセルに忍ばせ、それを学校に持ってきてしまってからこのニックネームなのである。だが、バービーだけではなく「嘘つき」をニックネームに入れてしまう所が「子供だな」と小学生ながらに僕は思う。

 

体育係に任命された岡崎君を横目に見ると

さもSEKAI NO OWARIみたいな顔をしている。

それも仕方がない。

岡崎君は体が弱くいつも本を読んでおり誰が見ても体育係というよりは図書係なのだ。

 

いきものががりは誰がやる?」

嘘つきバービーが声を上げる。

 

OKAMOTO'Sでいいじゃん」

誰かがそう言った。

「んじゃOKAMOTO'Sの二人それでいいか?」

同じクラスに岡本が二人。

一人は体も大きく一人は体も小さい真逆な二人だ。

だが決してその二人は仲がいいわけでは無いのだが岡本という同じ苗字だけあっていつもニコイチのように扱われている。

だが、その二人にも共通点が一つだけある。

クラスのマドンナ的存在であるmiwaちゃんの事が好きなのだ。

OKAMOTO'Sの二人いきものががり似合うね」

miwaちゃんが二人に向かってそう言った。

二人とも顔を赤らめながら見合わせ

「まぁ俺たちに任せておけ」

と大きい方の岡本君が言った。

その時窓側の女の子が悲鳴をあげた。

「虫が虫が・・・」

その子の肩にKANA-BOONがくっついていたのだ。

「ねぇ誰か取ってよ!」

その子の怒号がクラスに響き渡る。

「私に任せて」

筋肉少女帯の一人がKANA-BOONを手づかみし窓から放り投げた。

くるりと回転しながら羽根も広げず落ちていくKANA-BOON

おそらく筋肉少女帯の一人が拳の中で潰したのだろう。

筋肉少女帯の一人と言ったが他にもメンバーが2人いる。

何故、筋肉少女帯なのか三人とも他の女子とは比べ物にならないくらいの恵まれた身体をもち三人が三人とも柔道をしているため「隊」ではなく「帯」と呼ばれているのだ。

この子たちと結婚したら絶対に尻に敷かれるなと心の中で思うなかチャイムが鳴り響く。

 

今日の給食はSHISHAMO

僕の大好物だ。

僕は心を躍らせるのだった。

電車、痴漢、そして逃走

f:id:maki-satoru:20170516210441p:plain

なにかと最近多い痴漢のニュース。
さすが変態大国日本だなと僕は思う。

そして、あなたは痴漢を目撃したことがあるだろうか。
僕は目撃したことがある。

中学の修学旅行で人生で初めての東京に来たときだった。
班行動で電車に乗っていたとき僕の背後から
「この人痴漢です!」
の声が聞こえた。
「あっ・・・やばい。無意識のうちに触ちゃったのかな」
なんて心の中で思い振り返ると
気の強そうな女性が40代くらいの男性の手を掴みながら立っていた。
「僕じゃなくてよかった・・・」
そんな事を思っているうちに到着した駅に数人がかりで下ろされるおじさん。
あの時のおじさんの顔といったら今でも覚えているくらいに青ざめていた。
「人ってあんなにも青ざめるんだな」と思いつつも僕じゃないことに胸を撫で下ろしたそんな初めての修学旅行。

だが、本当にあのおじさんは痴漢をしたのだろうか。
冤罪ではないのだろうか。
そして、冤罪だとしてもほぼほぼ男が負ける痴漢問題。

そこでもし痴漢をやってもいないのに疑われた時の方法を考えてみた。

逃げる

やはり真っ先に思いつくのがこれだ。
無様な姿晒しても良いから逃げる。
その場からは逃げられそうだが後が恐い方法。

女性を罵る

「お前みたいなやつを触るわけねぇだろ名誉毀損で訴えるぞ」
こんな事言ったら逆効果な気がするが一応入れておく。

名刺を渡して立ち去る

よくネットに書いてある方法だが訴えられたら負けな気がする。

微物検査をしてもらう

その場で検査を要求し検査してもらう。一番現実的な方法。

データフォルダに男の画像を入れておく

あらかじめデータフォルダに男の裸体の画像を数十枚入れておきその場で見せ「俺は女に興味ない」アピールをする。



ちなみに僕的には一番下をオススメする。





痴漢冤罪。
気をつけっぺね。

なんとなく名言っぽい言葉を作ってみた

f:id:maki-satoru:20170514193246p:plain


この世の中には名言が溢れている。
時には慰め、時には心の支えになる先人たちの言葉。
そんなこの世にちりばめられた名言を参考になんとなく名言っぽい物を作ってみたのでどうか心の支えにして欲しい。

人生編

・人生とは吊り橋のような物である。下ばかり見ていてはうまく前には進めない、恐怖に負けず前を見ることが大切なのだ。


・命という航海の先に見えるのは死だけだよ。何事も気を負うな。


・良い生き方をしたいならまずはそしゃくしろ。そしてよく味わい、最後には飲み込む。人生の大半もそんなもんだろ?


・世界も戦争という間違いを繰り返してきたんだ。君のそんな間違えどうってことない。


・石ころのように丸みがかった人生じゃ地獄にすとんだぜ。


・人生失敗ばかりだった。だが、傍から見ればコメディな人生だった。どうだい?楽しめたかい?


恋愛編

・失恋の痛手なんてたんこぶと一緒だ。時が来れば治る。


・あんなにも愛していたのに。愛していたのにって、愛とは悲しみにくれることじゃないよ。


・振られたって?気にするな。単なる小春日和だ。


・女性とは可憐な花のようだが女性の欲はぺんぺん草のようだ。


・時ってのは残酷だ。あの子をしわくちゃにしやがる。恋は盲目ってのは嘘だね。はっきりと目に見えているんだもの。


・先っぽだけ。先っぽだけ。